トレーニング歴が長い人ほど怪我をしないように様々なトレーニングアイテムがあります。 その中でも手首を守るリストラップの装着について簡単に解説いたします。 リストラップの典型的な間違った使い方です。画像左では手首の関節がフリーになっており、手首をサポートする役割が果たせていません。 初心者の方には、意外とこの間違いをしてしまう人も少なくありませんのでご注意ください。 リストラップが手の甲側にかぶさっていいのは「手首から2cmまで」と規定されていますので、競技を目指す方は初心者のうちから慣れておきましょうね 競技に関係のない一般的なトレーニングをされる方は2cmよりもやや深めに巻いたほうが手首へのサポート力は向上します。 安心安全で毎日のトレーニング続けていきましょう!! リリーでは様々な専門を持ったスタッフがいますので是非お気軽にお声掛けください^^

お問い合わせ

お申し込み・体験・お問い合わせは、
以下よりご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ078-325-1616

8時から22時(火〜金)/8時から20時(土)/8時から18時(日祝)

メールでのお問い合わせ